藤本すすむブログ「100万回生きたねこ」

<< 国立はっぽんライブ  歌い納め | main | コタン3/31 平和を紡ぐ歌 Vol.2 「平和を生きる権利」 >>
3月のライブ  桜の季節に「平和を紡ぐ歌」

 

 

 

  大雪と寒さの一・二月が去り、今年も三月となった。だが今日は、朝から

冷たい雨と暴風の春の嵐。三寒四温の日々が続き、桜の季節が訪れるのだろ

う。東京に桜が咲く頃、2回目のみほこんとのジョイントライブ「平和を紡

ぐ歌」を行う。

 

 二月は、新春コンサートに続き、羽衣町の老人会、コタン・はっぽんの定

期ライブ、かけこみ亭「共謀」コンサート、知人の会社の25周年ライブパー

ティーのへ出演と、歌う機会がたくさんあり、それぞれこれからの新しい歌

の歩みにつながるものとなった。そんな気分で三月を行く。

 

 三月になると思い出す歌がいくつかある。

毎日のように詩を書き歌を創っていた20代中ごろの山谷荘時代。アパートの

隣の部屋の住人、卒業間近の美大生だったY君の様子を見て、こんな歌を創

った。

 

          三寒四温

 

  石油ストーブの臭いが いっぱいに立ち込める部屋

  男はこの先どう生きようかと 力無く首をうなだれて

 

  描きかけのキャンバス 油絵も乾ききって

  男は自分が見えなくなったと 鏡の中を見てばかり

 

  冬がひとつサヨナラ 春がひとつコンニチハ

  冷たい雨の次の日は 暖かな風が吹くような

  季節も乱れる春先に うまく青春終えられず

 

| - | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:27 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fs-diary.jugem.jp/trackback/763
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
『100万回生きたねこ』
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE