藤本すすむブログ「100万回生きたねこ」

<< 三鷹・記憶の岸辺カフェ  〜さよならライブ〜 | main | 3月のライブ  桜の季節に「平和を紡ぐ歌」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
国立はっぽんライブ  歌い納め

 

 今年の歌い納め 国立はっぽん「歌を歩く Vol.78」

 

 16日に三鷹でライブを行った翌日の昼、マンションのイベント「元気ク

   ラブ・誕生日会」で「夕焼け空のシルエット」を歌い、夕方の管理組合

 理事会の忘年会で、それと「羽衣橋」を歌った。

 

 マンション管理組合の歌「夕やけ空のシルエット」は、すこぶる身近で

 日常的な歌。最後のフレーズは、

    

    夕焼け空のシルエット 遠くの山並見ながら

    ここが終の住処に なるのかも知れない ♪

 

 「羽衣橋」は戦中戦後の立川、羽衣町の歴史と羽衣ねぶたをテーマとし

 た歌。

 

   時の流れの橋のたもと ささやかな幸せ生きている

   辛いことも悲しいことも 笑顔で乗り越えて ♪

 

 19日国立はっぽんライブが今年の歌い納め。

 コーカサスの旅、台風の日の青梅宗建寺コンサート、雪を見ながらの三

 条伝七茶屋ふるさとライブ、ステージに折り紙などの飾り付けをして迎

 えてもらった慰問ライブ、ヴァイオリンを弾きながらコーラスもする

 みほこんとのジョイントライブ・・・

 この秋のいろいろな思い出を語りながらのライブ。

 

 久々にハーモニカを吹き、弾き語りで「風に吹かれて」

 

   どれだけ耳を澄ましたら 泣き声が聞こえるの

   どれだけ怖い思いをしたら 原発はなくなるの

   どれだけ殺しあったなら 平和な世界になるの

   その答えは いつだって 風に吹かれてる

                       藤本訳詩

                       

 来年はまた初心に帰って、歌を創り、歌おうと思う。

 そんな思いも込め、1番と2番の歌詞を書き換え「市民卓球

 大会」を。

 

  勝負はこれから、力を抜いて強気で責めるんだ

  「スマッシュ!」

            「市民卓球大会」藤本

 

 最後の曲は「オリオンの夢」

 アンコールに「ケセラ」をイタリア語をまじえて。

 

  神々のあやまちは 物語に綴られ

  この地上を星座になり 照らしている

  悲しみは隣人 すれ違う流れ星

  喜びは隣人 あなたが居る

 

   もっと 遠くへ行けたなら

   もっと 深い命を生きられたなら

 

  凍てつく夜空に オリオンの夢

 

           「オリオンの夢」藤本

| - | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fs-diary.jugem.jp/trackback/762
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
『100万回生きたねこ』
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE