藤本すすむブログ「100万回生きたねこ」

<< 今日の一句  カタクリや夢を語りて夢を生き | main | 今日の一句  咲く花は辛い時代の証しかな   >>
今日の一句  ほろ酔いの句会の帰り虫の声

                                                              (国立 ビブリオ)

 

 昨日は、半年ぶりに俳句の会に参加した。句会の名前を「ほんやらなまず

句会」という。2月に亡くなった関頑亭さんの甥・マスオさんが主宰してい

たことから頑亭さんの絵画や彫刻のモチーフであったナマズから命名したと

いう。「ほんやら」は、国分寺にあるフォークシンガー・中山ラビさんの店

「ほんやら洞」に由来するのかは定かでない。ラビさんの話も良く出るので

、おそらくそうなのだろう。

 

 「ほんやらなまず句会」は1994年(平成6年)の発足というから、約25年

の歴史を持つ。私は還暦になった時「俳句を始めよう」と、ある酒場での知

人の紹介でナマズ句会の門をたたいた。6年になるが、私が一番の新参者。

 

 2時間ほどの句会の後に、呑み会がまた2時間。昨日は久しぶりだったの

で、呑み会ではビール、球磨焼酎、日本酒を呑み語らった。酔っぱらい眠り、

中央線の東京・高尾間を往復したこと、高尾からの白タクの料金を踏み倒し

たこと、集金した会社のお金をバッグごと無くしたことなど、酒の失敗談に

盛り上がった。

 

 「来月は、ギターを持ってきて歌ってください」と言われ、かなり気分よ

く酔っていたので、即「いいですよ」

「風の良寛」を口ずさんでいた人もいたので、さらに気持ち良くなってしま

った。

 

 句会の会場は、国立駅前のビブリオで、昔は銭湯だったという。時々フォ

ークライブ会場、ギャラリーとしても使われている。句会は月に1度の楽しみ

である。

 

    

   ほろ酔いの句会の帰り虫の声

                         源求馬

 

| - | 20:52 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
『100万回生きたねこ』
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE